足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ソルティー

d0162276_1073884.jpg

今日から7月ですね。
東京西部、空はどんよりと曇っています。

本日12時からエキサイトブログの記事の後ろに2行広告が勝手に付いてしまうそうです。
今まで広告がないのが良くてこちらのブログを利用していた方々の多くは、閉鎖、移転などを検討しているみたいですね。
私はまだ始めたばかりなので、もう少し続けて様子をみることにしましょう。
あまりにも記事の内容にそぐわない広告が入るようなら考えます。

さて、ベランダには野良猫ソルティーが遊びに来ました。
数年前から時々現れるかなり大柄な雄猫です。
お腹の辺りの模様が塩大福を連想させるのでソルティーと呼んでいます。
目つきが悪いので写真うつりは良くありませんね。

今朝のニュースから。
都内のゲンゴロウが絶滅したそうです。

さらに、多摩地区を中心に自生していたアズマギクも絶滅。

また、区部のニホンヤモリが絶滅危惧種に指定されました。

「東京都レッドリスト」の今回の改訂は12年ぶりということです。
掲載種は改定前より274種増え1577種になったそうです。

12年前よりは、多くの人々の意識が自然保護に向いていると思います。
生態系保全のために活動している団体もかなり増えました。
それなのに。
止まりません、絶滅が。
一度失われた種は二度と戻ってくることはありません。
ある種が消えることにより、その種と共生関係にある別の種も影響を受け消失することもあるでしょう。そして、それを利用していたまた別の種が・・・。
と、いうように全ては連鎖的に起こっていきます。
もう、止められないのでしょうか?

このままでは、いずれ人間も同じ運命を辿ることになりかねません。
自然保護は目先だけでなく、大きな視野で考えなくてはならない問題です。
他の生物より賢いと言われる人間。
さて、間に合いますか。。。

******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2010-07-01 10:11 |