足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

暮れゆく年の瀬

d0162276_13391270.jpg

近所の小さな神社の前に山茶花がある。
薄桃色の花はほんのりと甘い香り。
山茶花は早朝や夕方の光が当たると、とても輝いて美しいと思う。

昔、よく通っていた緑道は、山茶花の生垣で覆われていて、とても良い香りがした。
風にのって漂うこの香りが山茶花のものだと知ったのは、その時だ。
早朝、人気もないその緑道を自転車でひとり通り過ぎるのは、何だか少し得をした気分になる。
公園に着けば、ちらほらと犬の散歩の人々。
毎日同じ場所ですれ違う。
犬のリッキーは元気だろうか。

まだ、人影もまばらな公園では、生き物達の囁き声がよく聴こえていた。


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2010-12-15 13:47 |