足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

かくれおび

d0162276_14434519.jpg

庭のミカンの木にいたお方。
通常のクモの巣の上に白く美しいX型の帯状の網を張っています。
調べてみるとコガネグモの一種でした。

この白い部分は昔から「かくれおび」と呼ばれていて、クモはこの帯に身を隠しつつ、白い部分に紫外線を反射させ、花と勘違いした昆虫が罠にかかるのを待っているのだそうです。
昆虫は人の目には見えない紫外線を見ることができるんですね。

実際の花でも、蜜があることを示すガイドマーク(人の目には見えない)があり、それが紫外線に反射することで模様が浮き上がり、昆虫に蜜のありかを教えているのだとか。

● 「花と昆虫がつくる自然」 田中 肇 著より


↓「コガネグモ 巣」で検索していると、こんな記事を見つけました。

● 餌を引き寄せるコガネグモの巣

↓また、個体によってはちょっと不器用な子もいるんですね(;^_^A

● へんてこりんなコガネグモの巣


あ、そういえば、いつもの谷戸でも6月にこんな巣を見つけていましたっけ。


d0162276_14512588.jpg

これはウズグモという蜘蛛の巣です。
これも「かくれおび」。
よく見ると裏側にクモが隠れているのが見えます。
しかし、あんまり見つめると目が回りますのでご注意を^^
[PR]
by garden-cat | 2011-08-09 15:35 |