足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

庭の秋

d0162276_14222263.jpg

秋というより、今日などは冬の空気感ですが。
しばらく庭の写真をアップしていなかったので。

こちらはモミジの一種。オレンジ色っぽく紅葉して光が当たると綺麗です。


d0162276_14252211.jpg

こちらは左隣の家のモミジ。
葉っぱの形は似ているのですが、色は暗めの赤に紅葉します。


d0162276_1428436.jpg

右隣の家のサザンカも咲いています。いつもの光景。


d0162276_14302992.jpg

ナツミカンがたわわに実りました。こちらはいつもより多め。


d0162276_14314324.jpg

ユズもおいしそう。
・・・何も言うまい。


d0162276_14334713.jpg

門の前のブルーベリーの葉もシックな色合いに色づいています。


d0162276_14345373.jpg

ハクモクレンの葉っぱは黄葉しているのか枯れているのか。。。微妙。


d0162276_14355729.jpg

ミカンもちゃんと実りました。特になんにもしていなくてもこんなふうにしっかりとした実が生ります。
とっても不思議で、自然の恵みってこういうことをいうんだなぁと思います。


d0162276_14403752.jpg

柿の実もいつもどおりにたくさんできましたが収穫しませんでした。
やっぱり放射線量が気になります。
何も知らないヒヨドリたちが少しずつ啄ばんでいきます。

そんな地域がもうあちらこちらにたくさんあるんですね。
安心して自然の恵みを享受することもできない、土や落ち葉に触れることすら躊躇してしまう。
人間は自然からますます遠く離れてしまうのでしょうか。
[PR]
by garden-cat | 2011-11-26 14:54 |