足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

コナラと苔類の関係

d0162276_20332306.jpg
野の花小径の一番奥にあったコナラには
この谷戸ではこの樹でしか見ることのできない
苔類が生息していた
私は苔の種類には詳しくないのだけれど
コケが好きでこの谷戸のコケを調べている
Iさんが大事にしていた苔だ
大きくなったコナラを伐採する案が出たときに
この樹は残してもらうようにお願いしていたのだけれど
結局、下の方を少し残しただけで切られてしまった。
苔の部分は残っているからいいと思ったらしい。
しかし、急激に明るくなりすぎたその場所に
適応することができなかったのだと思う。
その苔類は今枯れかけている。
「もう、だめよね。こんなに明るくなってしまっては。」
と、残念そうにIさんが言った。
この樹だけではなく、樹液の出ている樹なども伐採された。
花に蝶は呼びたくても、樹液にくる昆虫はいらないらしい。
イネ科、カヤツリグサ科、シダなどには何の興味もなく
綺麗な花の咲くものだけを大事にするような人が
植生アドバイザーをしている
彼に生物多様性を語る資格なんてないと私は思った
この樹を切ったあとの形がムーミンに似ているということで
面白がっていたそうだ
彼への報酬は一体いくら払っているのだろう
お金をもらって好き放題
私たちのフィールドは台無しだ






[PR]
by garden-cat | 2014-04-13 20:43 |