足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:花( 63 )

d0162276_20535023.jpg


素朴な疑問。

ゲンノショウコの花。

左の青紫色の蕊が雄しべ。

しばらくすると、雄しべが全て落ちて真ん中にある雌しべの柱頭が開きピンク色の蕊が出てきます。

自家受粉を避けるためと言われているようですが、しかしよく見るとこれ同じ株の花ですよね。。。

ゲンノショウコはほとんどこのように同じ茎から枝分かれして雄花と雌花が隣り合わせになっていますが、これでは思いきり自家受粉してしまうのではないでしょうか。
[PR]
by garden-cat | 2014-08-31 20:56 |

山桜

d0162276_19053996.jpg
ヤマザクラ(山桜)の若葉は上品な茶色をしている。





[PR]
by garden-cat | 2014-04-06 19:06 |

アオイスミレ(葵菫)

d0162276_22201049.jpg


野草調査で出る種数は例年も3月が一番少ないのですが
今年は雪に覆われてしまったことと、大規模な草刈りの
影響で、カウントできる野草がぐんと減りました。

しかしこれを見つけたのは嬉しかったです。
見つけたのはもちろん私ではなく仲間ですが。

アオイスミレ(葵菫)。
春、他のスミレに先駆けて咲きます。
スミレのシーズンが始まりました♪

今日は少なかった春の花も、日を追うごとに
咲きだすことでしょう。
[PR]
by garden-cat | 2014-03-08 22:22 |

新緑の中の紅

d0162276_22482798.jpg

     新緑の中、紅の椿はまだ落ちずに

     留まる想いと移ろいゆく流れの中で

     悲しみの果てに、見えた景色は

     光と風と鳥のさえずり

     私の立つ場所から湧き出る泉

     だからもう

     振りかえらずに進んで行ける

d0162276_23195518.jpg

     あの角を曲がってしまった君に

     もう届く言葉などはなく

     君の言葉もまた

     生い茂る葉の陰にかくれて

     想いは留まっているのか流れているのか

     曖昧なまま

     修復のできない傷跡を眺める
     

     


***********************************
[PR]
by garden-cat | 2013-04-25 23:37 |

白いタンポポ

d0162276_22561064.jpg

 更新が滞ったまま、春です。

 先日、村山うどんを食べに行った帰りに道端で白いタンポポを見つけました。

 シロバナタンポポだと思ったのですが、少し雰囲気が違うのでネットで調べてみたところ、キビシロタンポポなるものがヒットしました。

 シロバナタンポポの花茎は長くて30cmほどになるのですが、キビシロタンポポは10~20mと短めです。
 さらに、花の中心部の黄色がシロバナよりもはっきりとしているのが特徴だそうです。

 この写真の子も花茎は15cmほどでしたし、黄色もはっきりとしているので、キビシロタンポポでいいようです。

 白いタンポポはめったに見かけないので、こうしてふとした時に出会うと嬉しくなりますね。



********************************
[PR]
by garden-cat | 2013-03-19 23:09 |

美しい光

d0162276_2141242.jpg

 梅の蕾はふっくらとしてきましたね。
d0162276_21431376.jpg

 日に日に明るさを増す太陽の光が、植物たちを美しく照らしていました。


*******************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-27 21:47 |

花ではないけれど・・・

d0162276_1511583.jpg

 ハボタン アブラナ科ブラシカ属 Brassica oleracea

 ハボタンて以前はキャベツみたいでなんだかなぁと、思っていたのですが、最近ではいろいろな品種ができて、こんな感じの小さいのは薔薇の花のようで可愛いですね。

 寒さにも強いので、花の少ないこの季節は目を楽しませてくれますね。


******************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-14 15:26 |
d0162276_2175673.jpg

 元旦の初詣のあとで、久しぶりに以前住んでいた街の多摩川河川敷へ行きました。

 繁茂するコセンダンの実をかき分けながら、水辺まで近づくと、地面と水際の境界あたりに小さな薄紫色の花が咲いているのに気がつきました。花の形はオオイヌノフグリに似ていますが、花の付きかたが違っています。

 家に帰ってから調べてみると、これはオオカワヂシャというヨーロッパから北アジアにかけて分布する帰化植物でした。多年草で草丈は1mほどにもなるみたいです。

d0162276_2115451.jpg

 オオカワヂシャ ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 Veronica anagallis-aquatica L.


 この場所は一面がオオカワヂシャでした。

 繁殖力が強く在来の野草を駆逐するおそれがあるので、特定外来生物に指定されています。

 服にたくさん着いたひっつき虫のコセンダンの実もすごかったし、河川敷は外来種がやはり目立っていました。


**********************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-06 21:46 |

キランソウ属いろいろ

d0162276_1502763.jpg

4/14 キランソウ シソ科キランソウ属

春、他の野草の草丈が伸びてくる前に地面の片隅で鮮やかな紫色の花をつけます。
この花を見つけると心がキリッと引き締まります。
好きな花の一つです。


d0162276_1554921.jpg

4/29 モモイロキランソウ

通常は紫色のものが多いのですが、時々このように桃色のものもあるようです。
私は初めて見ましたが、桃色のキランソウもとってもキュートです♪


d0162276_1584393.jpg

5/5 ジュウニヒトエ シソ科キランソウ属

花の形がキランソウに似ていますが、花序が立ち上がり重なって咲きます。
色も淡いシックな桃色でとても上品です。


d0162276_15251257.jpg

5/5 ジュウニキランソウ シソ科キランソウ属

キランソウとジュウニヒトエの自然交雑種です。
キランソウのように茎を横に伸ばしていき、ジュウニヒトエのように花序が立ち上がります。
色や姿は遺伝的にどちらの影響を強く受けるかで、個体によってばらつきがあります。
ジュウニヒトエの咲いている場所の近くには、このジュウニキランソウが見つかります。
[PR]
by garden-cat | 2012-05-06 15:28 |

今年出会ったスミレたち

d0162276_2183551.jpg

3/31 タチツボスミレ いつもの谷戸


d0162276_21105045.jpg

3/31 フモトスミレ  いつもの谷戸


d0162276_21114859.jpg

3/31 コスミレ いつもの谷戸


d0162276_21155963.jpg

4/7 マルバスミレ となりの谷戸


d0162276_21241851.jpg

4/7 ナガバノスミレサイシン 丘陵


d0162276_2126218.jpg

4/7 ノジスミレ 丘陵


d0162276_21291014.jpg

4/15 マルバスミレ 自宅


d0162276_2130835.jpg

4/17 ヒゴスミレ 里山民家


d0162276_21312084.jpg

4/17 スミレ 里山民家


d0162276_21335170.jpg

4/17 ニョイスミレ いつもの谷戸


d0162276_21352739.jpg

4/17 アメリカスミレサイシン(外来種) いつもの谷戸


d0162276_21372910.jpg

4/21 ムラサキコマノツメ 


d0162276_21411975.jpg

4/21 ヴィオラ・ソロリア'スノープリンセス' (外来種)


d0162276_1391661.jpg

4/29 アリアケスミレ 丘陵


d0162276_1311484.jpg

4/29 ヒメスミレ 丘陵
[PR]
by garden-cat | 2012-04-22 21:45 |