足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー

<   2010年 07月 ( 42 )   > この月の画像一覧

花火

d0162276_2394113.jpg

今日は各地で花火大会が開催されましたね。
うちは、毎年荒川の河川敷へ見に行くんです。
たくさん人が来ますが、敷地が広いのでゆったりと見ることができるんですね。
お子さん連れの方にはお勧めの場所です。

と・こ・ろ・が・・・・

その場所へ今年も行く予定でしたが、出かける直前に旦那と喧嘩をしてしまい中止に。
そのまま旦那はどこぞへ出かけてしまいました。。。(さっき電話したら群馬だって!)
息子と2人家にいると、ドーン、ドーン、花火の音。
どこか近くでもやっているようです。
7月の終わり。やっぱり花火を見ないことには落ち着きません。
そこで、見えるわけないよな~と思いながらベランダに出てみると、遠く北西の空に輝く光。


d0162276_23122796.jpg

お~!見えるじゃん。
息子を呼んで2人でしばし見物。
しかし、上がる間隔が長いので息子は飽きてしまって退場。
ベランダに一人残った私はなんとかカメラに収めようとパシャパシャ。
花火の写真てタイミングが難しいなぁ。。。


d0162276_23161860.jpg

パシャパシャ写真を撮っていると、屋根を登ってベランダに来たミルクが室外機の上に。
私が外で何かしていると、いつもなにげに傍に寄ってきます。
いいやつよの~。

******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2010-07-31 23:33 |

巻貝くんが・・・

d0162276_12353889.jpg

なんとなく、昨日のメダカのこともあるので水槽を気にかけていると、ん?今日は巻貝くん動かないなー。
で、メダカ水槽は玄関に置いてあるのですが、通りかかる度に見ても巻貝くんは同じ位置のまま。
これは・・・ひょっとして・・・お亡くなりに!?
よく見ると渦巻きの中心部分がうっすらと白くなってきています。
昨日はいつもと変わりなく元気に水槽の中を移動していました。
寿命?いやいやインドヒラマキガイの寿命は1~2年らしいし。
ん~。水質に問題があるのではと思い、前回取り換えてからまだ2週間たっていませんが、急遽水換えをしてみました。
やはり巻貝くんは少し水が揺れただけでもヒラヒラ舞うし。。。

他のまだ小さい巻貝やメダカたちは、今のところまだ元気に動いています。
ひとつ思い当たるとすれば・・・、昨日家の中に蚊がいて息子がボコボコに刺されたので、ファンが回るタイプの蚊取りのスイッチを入れたのでした。隣の部屋で。前々からメダカへの影響を考慮して玄関には置かないようにしていたんだけど。。。
で、蚊取りのファンが回っている間は殺虫成分が玄関のほうに流れて行かないようにドアを閉めてもらってたんだけど。。。
でも、小さい巻貝たちは大丈夫だし、蚊取りの影響ではないのかもしれませんね。

短い間でしたが、巻貝くんよありがとう。
[PR]
by garden-cat | 2010-07-31 12:38 |

メダカ水槽

d0162276_17384241.jpg

悲しいお知らせです。
5匹いたメダカが4匹になりました。
1匹、どうやら共食いされたみたいです。。
餌、足りなかったのかな?
本に書いてあるとおりに朝と夕2回、少量を与えていました。
夏場は水が汚れやすいとのことで少なめにと書いてあったので気持ち減らしてはいたけど。
さっき水槽の水草を見ていたら、何かひらひらくっついていたので何だろうとよく見ると。。。
小さな魚の骨だった。
無念。。。
仲間を食べないで、貝を食べてください。増え続ける貝を。。。

******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2010-07-30 17:40 |

真っ赤っ赤

d0162276_1617649.jpg

バーベナ クマツヅラ科 南米原産

春に息子が隣の敷地に生えていたバーベナを手で掴んで引っこ抜いてしまいました。
隣のおばあさんが、「持って帰って挿しとけば根付くかもよ」と言ってくれたので、庭の開いているところに挿しておいたところ、無事に根付いて昨日から真っ赤な花を咲かせています。
バーベナは多年草ですが、日本では一年草として扱われることが多いのだとか。
なぜ?耐寒性もあるのに。
私はしょっちゅう植え替えてある一年草の花壇はあまり好きではありません。
何か、とってつけたような感じがして。
せっかく宿根するのなら、それを活かせばいいのにと思ってしまいます。


d0162276_16184160.jpg

こちらは真っ白なコマちゃん。
近所のおばあさんが知り合いの人が処分しようとしていたのを見かねて譲り受けて育てている子です。
他にも数頭飼っている子がいて困ってしまったのでコマちゃんという名前にしたのだとか。
これはさっき、ベランダに遊びにきたところをうちのクルミに追い払われて怒っている図です。
もっとも、コマちゃんっていつもいつも怒っているんですけどね。シャ~!!


d0162276_1627980.jpg

さて、こちらは野性味溢れるうちのムック。。
目つきが鋭すぎ。
実際はとても鈍くさいのです。
木から下りてくるところなんか、クマがのしのし下りてくるみたいで、猫の俊敏さのかけらも見当たらず。。
[PR]
by garden-cat | 2010-07-30 16:37 |

いつのまにか

d0162276_13272658.jpg

キンカン ミカン科

金柑の花が咲いていました。
同じミカン科でも夏みかん柚子より開花の時期が遅いんですね。
アリが群がっていましたよ。
蜜を集めているのかな?


d0162276_13275193.jpg

何かの蝶の蛹が付いていました。
既に羽化してしまった後でした。
全然気づかなかった。。。
何だろ?ナミアゲハかな?


d0162276_1330353.jpg

フユサンゴ ナス科

フユサンゴの実もいつの間にか赤くなっていました。
季節は着実に移り変わって行きますね。
[PR]
by garden-cat | 2010-07-29 13:33 |

窓辺から始める自然保護

d0162276_20374910.jpg

小さなビオトープガーデンの著者 泉健司さんのパネル展が新宿御苑のアートギャラリー(インフォメーションセンター内)で行われています。
題して「窓辺から始める自然保護~ビオトープガーデンのすすめ」。

自然保護やビオトープというとなんだか難しいことのように思われがちですが(実際難しいですけどね。。)、ほんの少しの工夫と発想の転換で身近なところからでも始められますよという呼びかけです。

以下泉氏のホームページより抜粋

・・・尾瀬や白神山地でしているのが自然保護で、私たちの街じゃあ出る幕じゃないわね、なんて思ってませんか。 そう、いまだに多くの人たちが、自分たちの日常生活と自然保護を結び着けていないのが現状です。身近な自然を大切にすることこそ、自分たちの住む環境を守っていくことでもあるのだというのに。―

初日の今日さっそく行って来ました。電車で。
考えてみると電車に乗るのはなんと2年ぶり!前回は2年前にビオトープ管理士関東支部の研修会で茅ヶ崎に行ったのが最後でした。
普段は近場を車で移動しています。
久しぶりに乗った五日市線はいつのまにか手動になっていて戸惑いました。。
そして新宿御苑は5年ぶりでしょうか。


d0162276_20393347.jpg

窓辺やベランダの鉢植えをひと工夫するだけで、生き物に優しい環境ができます。
普段は近くの川辺や公園などに居住している生き物がやって来たりしますよ。


d0162276_2046253.jpg

どの生き物を呼びたいか?
呼びたい生き物別の工夫も紹介しています。
鳥を呼びたい。蝶を呼びたい。トンボを呼びたい。など。
蝶は呼びたいがイモムシは勘弁してほしい。なんて場合も植える草花を工夫すれば可能ですよ。


d0162276_20524032.jpg

窓辺からの自然保護。これを少し発展させた代々木公園での取り組みも紹介しています。
選択的除草により、在来種の素敵なグランドカバーが出来上がったりしています。
一般には雑草と呼ばれ、根こそぎ抜かれてしまうものたちです。
何もかもを抜いてしまうのではなく、活かせるものを有効に活用したほうが、生き物達にも優しく、その後の手入れも簡単だということです。
また花壇も1年草だけの単調な花壇より、宿根草やハーブなど多様な植物を取り入れることによってミニ生態系のバランスが保たれ、害虫が大発生などということもなくなります。
危険な薬剤を撒かなくてもいいし、またしょっちゅう植え替えたりしなくてもいいわけです。
それでいて、四季折々に花が咲き乱れる。。。素敵だと思いませんか?


d0162276_21134141.jpg

また、長野県佐久平のゲレンデに野生生物を呼び戻し共存するための花園として園芸種と地元の野生種を絶妙につかい配置した花壇を設けてあります。
園芸種を使うのは産地不明の野生種を持ち込むより、遺伝子汚染の心配が無いためです。
あくまでも生き物達への食餌として代替的なものなので、在来の野生種の繁殖の様子を見ながら少しずつ置き換えてゆくのだそうです。
と、ここまでくると少々難しくなるのですが、今回のパネル展の趣旨は身近な所からの自然保護です。
ちょっとでも興味のある方、お時間のある方、お近くの方はぜひ行ってみてね。日曜日までやってます。
泉氏の楽しいお話も聴けるかもしれませんよ。

窓辺からはじめる自然保護
~ビオトープガーデンのすすめ~

【山岳環境研究所】泉健司
入場無料

会場
新宿御苑アートギャラリー(新宿門脇インフォーメーションセンター内)
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/map.html
アクセスマップ
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/access.html

日時
7月27(火)~8月1(日)
9:00~16:00(16:30閉園、最終日は14:30まで)
無料講座は、会期中毎日13:30~14:30を予定。
お楽しみに

[PR]
by garden-cat | 2010-07-27 21:00

ナミアゲハ

d0162276_16255083.jpg

午後、ようやく辺りからアブラゼミの合唱が聞こえるようになりました。
やっと夏らしい空気。
やはり夏はこうでなくては。ただ暑いだけでは気持ちが悪い。

ベランダの洗濯物を取り込んでいると、ナミアゲハがやって来て柿の葉に止まりました。
火傷しそうに熱くなっている手すりから身を乗り出し、撮影。
もうちょっと近づきたかったのですが、これが限界でした。
柿の葉はすっかり色濃く生い茂り、枝も四方に伸び放題です。
飛んできたアゲハは柿の葉に止まると、時おり翅を開いたり閉じたりするほかはじっとその場から動こうとしませんでした。休憩しているのでしょう。

しばらくそうしていましたが再びアブラゼミが鳴き始めたのを合図に、またどこかへ飛んでいきました。
[PR]
by garden-cat | 2010-07-26 16:29 |

ペシッ!

d0162276_11111416.jpg

今日は幾分風が涼しいようです。
ここ数日のベランダは暑すぎて誰も来ませんでしたが、さっき洗濯物を干していると近所の飼い猫「金太郎」が遊びにきましたよ。
金太郎は1歳の雄猫。やんちゃ盛りです。
そばに寄ってくるくせに、触ろうとすると・・・ペシッ!って手を叩かれます。
ふっふっふー。
油断した隙にサッと撫でる。
驚いて一歩下がる金太郎。
おそるおそる目の前に手を差し出す私。
次の瞬間・・・ペシッ!またもや猫パンチがとんできました。
そんなことを何度か繰り返して遊ぶ。
あ~楽しい❤
そして、ドアップで撮影。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2010-07-26 11:17 |

祝!100歳。

d0162276_22542979.jpg

ムクゲ アオイ科

旦那の祖母が100歳のお誕生日を迎えたので入居している特養老人ホームへお祝いに行きました。

3歳の息子はひ孫にあたります。
ひいお婆ちゃんは耳もだいぶ遠くなり、物事を認識するのも時間がかかりますが、小さな子供の声が聞こえたのでしょう、それまで車椅子の上で気だるそうにしていたのですが、急にぱっと笑顔になり、「ありがとう!サンキュー!」とテンション↑。
介護の人も、周りの入居者もびっくり笑顔。
子供のパワーってすごいんですね。


d0162276_22545371.jpg

孫とひ孫。


d0162276_2256343.jpg

夏といえば百日紅(サルスベリ)ですが、なかなか写すチャンスがなく、ちょうど止まった車の窓越しにピンクの花が咲いていたので一枚。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2010-07-25 23:03 |

いました!

d0162276_178313.jpg

つぶろぐでも何度となくふれていますが、うちの周りは夏だというのに蝉の声がしなくて少々不気味だったのです。
先程やっと!柿の木にとまっているアブラゼミを発見。
鳴いてはいませんでした。
おそるおそる近づいて写真を一枚。
なにしろセミって近くを通っただけで、人に向かって飛んできたりするので怖い。
じっとしていてくれたので、なんとか撮れました♪ふぅ~。
そのうちもっと出てくるかな?
アブラゼミは乾燥に弱いらしい。
ここのところの異常な暑さでみなさん地中でお亡くなりになっているのかと思ってました。。。


d0162276_1795710.jpg

別のところに抜け殻も発見。
しかし、その近くには羽化せずに亡くなっている幼虫も。。。
原因ははっきりしませんが、やはり暑さが関係しているのでしょうか?

そうだ。今日は水を撒いてみよう。
[PR]
by garden-cat | 2010-07-24 17:16 |