足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー

<   2010年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

蛾じゃないのよ

d0162276_23201635.jpg

小さくて何だか分からないですね。。
クリスマスローズの葉の上に止まったイチモンジセセリです。
蝶は人の気配ですぐ逃げてしまうので、以前、nekocchi1122さんに教えてもらった、徐々に近づく作戦で撮ろうと、まずこの位置からパチリ。続いてそお~っと近づこうとしたその時、うちのムックが(なになに?)とやって来て、イチモンジセセリはあっという間にどこかへ飛んでいってしまいました。。。ムック!

セセリ蝶の仲間は胴体も太く、パッと見は蛾に見えますが、蝶の仲間だそうです。
眼が大きくて可愛いんですよ♪って、見たい方はどこかで顔アップの写真を探して下さいね。
幼虫の食草はイネ、ススキ、エノコログサなど。


d0162276_2323261.jpg

(ボク、何かした?)
[PR]
by garden-cat | 2010-08-31 23:38 |

今日の生き物

d0162276_1723961.jpg

オオスカシバ幼虫がいました。
門の傍のクチナシはこの暑さのせいか枯れてしまったので、いつもはあまり食べられることのない分かりにくい場所にある別のクチナシを食べていました。
もうかなり大きくなっていたので、そろそろ蛹になるものと思われます。
あ、オオスカシバというのはスズメ蛾の仲間です。
しかし、一見すると蛾ではなく大きなハチのように見えます。
そして、よく見ると眼なんかとても可愛らしいです。
成虫の写真は私の技術では撮れないので、見たい方はどこかで画像検索してみて下さいね。


d0162276_1714581.jpg

バッタがいます。
茎の色とほとんど同じですね。
ショウリョウバッタでしょうか?


d0162276_17142745.jpg

ルリチュウレンジというハバチの仲間がいました。
よく見かけますが色といい大きさといい地味なため、あえて調べたことはなかったのですが、見る角度によっては名前の通り瑠璃色に輝いていて綺麗です。
笹の葉に止まっているようすがいい感じなので撮りたかったのですが、風に揺れていてなかなか撮れなく、うっかり笹の葉を掴んでしまったら、その振動を察知し逃げられました。
あ~あ、と思っていると、すぐそばのシャリンバイの葉にいたのでなんとかカメラに収めました。
う~ん、もうちょっとちゃんと撮りたかったなぁ。。。

ルリチュウレンジの幼虫はツツジ類の葉を食べるそうです。
うちも毎年ツツジ、サツキの類はこの時期ボロボロです。。。
[PR]
by garden-cat | 2010-08-30 17:17 |

痛そう。。。

d0162276_1383975.jpg

ママコノシリヌグイ タデ科

出ました。継子の尻拭いです。
歩道のサツキの植え込みから生えていました。
別名トゲソバ(棘蕎麦)。
茎に逆向きの鋭い棘があり、触ると痛いらしいです。
痛いのはイヤなので触ってみませんでした。。

これで尻をぬぐうとは意味が分からない・・・と思ってしらべるとこんな記述がありました。

昔、紙が高価だった時代、厠の落とし紙には植物の葉を使用していたそうです。
その頃は、家柄や主君の命令で実子ではない継子を育てなければならない場合があり、継母が厠の落とし紙としてこのママコノシリヌグイを他の葉とすり替えたことがこの名の由来だということです。

韓国では「嫁の尻拭き草」と呼ばれているみたいです。
似たようなネーミングなので、どちらかがこの話の元になっているのでしょうね。

花は、とっても愛らしいですね。
[PR]
by garden-cat | 2010-08-29 01:42 |

暑さに強い

d0162276_16531888.jpg

メランポジウム キク科 北アメリカ(南部)原産

近所のお庭や畑など、いたる所で見かけます。
毎年同じような場所によく見るので、てっきり宿根草だと思っていたら一年草だということです。
暑さに強く、今年の猛暑の中でも元気に咲いています。
[PR]
by garden-cat | 2010-08-27 16:54 |

辛いかな?

d0162276_944864.jpg

トウガラシ ナス科

近所の畑の唐辛子。赤い色が綺麗です。
少しずつ秋。
[PR]
by garden-cat | 2010-08-26 09:47 |

畑の隅に

d0162276_11101292.jpg

トレニア ゴマノハグサ科 熱帯アジア、アフリカ原産

こちらも園芸で人気ですね。近所の畑の隅に咲いていました。
10年ほど前に私が植物に興味を持ち始めた頃、最初に購入したのがピンクのトレニアの鉢でした。
花の種類もほとんど知らずに、ただその時の雰囲気で選びました。
それまて殺風景だったマンションのベランダがこの一鉢で生き生きとした違う空間になった事に感動し、一つまた一つと気に入った植物を少しずつ買い足してベランダを小さなお庭にしたものです。
トレニアは夏季も長く、次から次へと絶え間なく咲き続けます。
じっと見ているとその生命力が伝わってきて、こちらも元気にしてくれる、そんな花です。
別名はナツスミレ。
花言葉は「ひらめき」。
[PR]
by garden-cat | 2010-08-25 11:13 |

道ばたに

d0162276_10222260.jpg

ペチュニア ナス科 南米原産

園芸でおなじみのペチュニアが道ばたで咲いていました。
和名はツクバネアサガオ。
日本では一年草扱いですが、本来は多年草なんですね。


d0162276_1023313.jpg

後ろの石が顔に見えます。
[PR]
by garden-cat | 2010-08-24 10:27 |

夏の終わり

d0162276_101399.jpg

くりの実

気の早い子たち。


d0162276_10133090.jpg

ひまわり

二階ほどの高さ。
見上げる空。


d0162276_10135152.jpg

ケイトウ ヒユ科

フェンスの縁を彩る秋。


d0162276_101450100.jpg

ヤブミョウガ ツユクサ科

青い壁に映える白。

******************************************************

近所風景からです。
今日から幼稚園の夏季保育が始まりました。
といっても、午前だけでプール授業です。
プール嫌いの息子。
イヤイヤながら行きました。
がんばれ。
ファイト!

******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2010-08-23 10:31 |

月明かり

d0162276_023976.jpg

窓越しに月明かり
真夜中の部屋を照らす

夏は暑すぎたな
どこにも行かなかったな

明日は十三夜だね
だからどうってこともないんだけど

やさしい月明かりの夜
虫たちのささやき


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2010-08-23 00:29 |

薄紫の

d0162276_0102864.jpg

ギボウシ ユリ科(リュウゼツラン科)

ギボウシの花が咲きました。
外はまだまだ暑いですが、見た目涼しげですね。


d0162276_0174217.jpg

ヤブラン ユリ科

ヤブランの花も出てきましたよ。
この時期の花はなぜかしら薄紫色が多いですね。たまたまうちの庭だけかもしれませんが。。。
[PR]
by garden-cat | 2010-08-20 00:18 |