足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

基準値以下という言葉

d0162276_1424723.jpg

柘植の花が咲きました。(3月20日撮影)

さて、水道水にも放射性物質が混じり始めた今日このごろ。
やはり、小さな子を抱えているものにとっては、一体これがいつまで続くのか?が気になるところである。
大気中に飛散している放射性物質、水道水や牛乳に含まれるもの、農作物に付着しているもの・・・。それぞれの値は「ただちに健康に害を及ぼすわけではない」かもしれない。
しかし、問題は時間だ。
私たちは常に呼吸をし、食べたり飲んだりしている。生きているからだ。
また、子供は外で遊ぶ生き物だ。
これから暖かくなるこの季節に、家の中だけで過ごせるわけがない。
今は春休みだが、幼稚園がはじまれば、また半そで短パンで土ぼこりが舞う園庭を駆け回るのだ。
その舞い上がった土ぼこりは果たして安全なのか?

依然として原発は予断を許さない状況である。
放射性物質の飛散状況は常にチェックしておきたい。

全国の放射能濃度一覧

都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果について

また、放射性物質による影響に関する様々な疑問点が思い浮かぶが、その点に関しての質疑応答を掲載しているページを見つけた。

2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」質疑応答

質問している方とまさに同じような不安、疑問を私も持っているわけだが、残念ながら一番肝心なところが答えになっていないような印象を受けた。

ネット上でも様々な見解があり、私のような素人にはどれを信用していいのか分からないのが現状だ。

「基準値以下」という言葉に安心して、子供の未来を台無しにしてしまうことだけは避けたいと思う。


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2011-03-24 15:00 |

八重椿が咲きました

d0162276_15375213.jpg


Camellia japonica
[PR]
by garden-cat | 2011-03-20 15:39 |

スーパームーン

d0162276_23585060.jpg

今日(19日)は月が地球に最接近する日で「スーパームーン」と呼ばれているそうです。
月と地球が最も遠い距離にある時と比べると、およそ14%も大きく、30%も明るく見えるのだとか。
言われてみると、いつもより少し大きく見えますね。
引力の関係でしょうか、スーパームーンの前後には何らかの自然災害が発生する年もあるみたいです。記憶に新しいスマトラ沖の地震もスーパームーンの2週間前だったらしいです。
しかしNASAの公式見解では、スーパームーンと自然災害の因果関係はなしとされているようですね。

http://rocketnews24.com/?p=81158


d0162276_001326.jpg

地震発生から1週間がたちました。
被害の状況が明らかになるにつれ、これは本当に私達の生活が一変してしまうような事態なのだなと痛感します。
そして、とうとう起きた原発事故。
これから先、日本がどのようになっていくのか、おそらく今までと同じような生活をしていてはいけないのではないかと、うっすら思い始めています。

こちらの地域でも何日か前から計画停電が始まりました。
今日はお昼から夕方までだったので、息子と二人で近所の河原へ散歩へ出かけました。


d0162276_08986.jpg

昨日の夕方も停電だったので、同じ場所へ来たのですが、昨日はカメラをもたずに出たら、そんな時に限って雲の感じや光の感じが素晴らしく、あ~、カメラ持ってくればよかったと思ったのでした。。。


d0162276_015350.jpg


今日は昨日とは違う

同じ場所でも、雰囲気が全然違う

昨日見た景色と同じ景色は

もう二度と見られないのだ

だからこそ、一日一日を

大切に生きようと思った



d0162276_0142921.jpg

河原の小路に誰が植えたのか、サボテンがありました。

ハート型をみっけ♪

みんながこの状況から立ち上がろうとしています。
未だかつてないほどに、人々が協力しあっています。

それぞれができることを始めています。

私は

何ができるだろうか。。。


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2011-03-18 23:50 |

twitter

震災の被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

東京は震度5弱でしたが、幸いにも今住んでいる地域は地盤が硬く、この辺りだけは震度3だったそうです。

私は地震発生当初からTVとtwitterにて情報を追い続けました。
停電した地域も多く、また電話も不通になり、そのような中で唯一機能していたのがtwitterやFacebook、mixiなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でした。

TVやラジオなどの既存メディアからの情報が遮断されている状況にある方々に少しでも役に立つ情報が流れるように、また、TVでは報道されないような細やかな情報を拾い、ツイートや公式RTで私のフォロワーさんに流しました。
twitterの場合、自分がフォローしている方と自分のフォロワーさんは必ずしも一致していないので、私からの情報を拾った方が、有益と判断した場合は、またその方のフォロワーさんにRTできる仕組みになっています。
そうやって、より多くの方々に情報が拡散されていきます。
この仕組みは、今回のような災害時にとても役に立つことが分かりました。

そこがFacebookやmixiとは大きく異なる特徴です。

たくさんの情報が流れてきますので、その中には時折「デマ」が紛れていたりもしますし、古い情報がいつまでも拡散されていたりもします。

しかし、用意された既存メディアからの情報だけを得ているよりは、このような多様な情報の中からそれぞれに必要な情報を自らが取捨選別していくほうが、個々のあり方を構築するのにためになると私は考えています。

twitterをまだ始めていない方は、この機会にぜひアカウントだけでも作成しておくことをお勧めします。
フォローする方にもよると思いますが、そこから流れてくる数々の言の葉は、私の考えを深め、気持ちを勇気づけてくれるもののほうが圧倒的に多いです。
世の中まだまだ捨てたものじゃないという気持ちにさせてくれます。

被災地域が多すぎて、これからの日本がどうなってゆくのか不安なことと思いますが、私達の目の前にある小さなことから着々と日々を過ごしてゆきましょう。

もうすぐ、桜が咲きます。
私たちは世界に誇れる日本人です。


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2011-03-13 14:56 |