足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ユキヤナギの実

d0162276_1451168.jpg

花が終わるとあまり注目されず、空気のような存在になる。

そんな植物たち。

それでも、耳を澄ますと、静かに生命の鼓動が聴こえてくる。
[PR]
by garden-cat | 2011-04-30 14:07 |

庭の雑草

d0162276_11182979.jpg


今年はこれが庭のあちこちに。

オニタビラコ キク科


d0162276_11205364.jpg

直径1cmに満たない小さな花。
[PR]
by garden-cat | 2011-04-30 11:24 |

ぷっくり可愛い

d0162276_9534053.jpg

ブルーベリーの白い花が咲きました。
ぷっくり可愛い^^


d0162276_9553419.jpg

アリさんお食事中。
[PR]
by garden-cat | 2011-04-27 09:57 |
d0162276_12243525.jpg

政府やマスコミが発する言葉は、現時点で健康に影響がないというコメントばかりです。
確かにそれは間違いではないし、嘘でもない。
ただ、言わないこともある。
その言わないことが何であるのか。
私たちは注意深く情報を集め、各々が自ら考え行動しなくてはいけません。
5年後、10年後のことを確実に安全だと言える人は一人もいないのですから。

【原発事故】安全宣言のカラクリ そして子供になにが起きたか追跡

http://www.youtube.com/watch?v=tWWICnIQE9k

では、どうすればいいのか?
原発事故は起きてしまった。そして、未だに放射性物質を出し続けています。
物質によっては長期にわたって土壌に残るものもあります。

そんな中で、子供たちを守るためにママたちができることは、できるだけ子供の内部被曝量を抑えてあげることぐらいではないでしょうか。
それぞれの食品に含まれる放射性物質はごくわずかであっても、長い月日とともに体内に蓄積していきます(一部は排出されますが・・・)。
それは、その分、病気(ガン)になる確率が高くなることを意味します。
そのパーセンテージの上昇はほんのわずかなのかもしれませんが。。。

しかし、万が一という時のために、できる限りの予防線を張っておくことは悪いことではないと私は思います。

原発から、より遠くへ行ける人は行ったほうがよいでしょう。
それが無理なら、今住んでいる場所で、できる限り被曝量を抑える方法を考えるしかないのです。

全国の食品の放射能調査データ http://atmc.jp/food/

被曝量は積算値が重要です。
少しでも多くの子供たちを救うために、今一度、小さな子を抱えているママたちに考えてほしいのです。

「風評被害」という言葉は、買わないと悪いことをしているような気にさせられるものです。

私は積算値を念頭において、購入するかどうかを決めています。
子供が毎日のように飲食するものにおいては、より安全なものを選ぶようにしています。
外食や給食などはどうにもならないので、せめて家で食べる分だけでも気をつけたいと思っています。

そんなことをしても報われないかもしれないし、そんなことをしなくても何の問題もないのかもしれない。

でも。

努力をしなくて、何かあって、後になって後悔をするのなら、やはり今できることはやっておいたほうがいいと私は思うのです。
[PR]
by garden-cat | 2011-04-25 14:21 |

セリバヒエンソウ

d0162276_2338296.jpg

さて、今日は今年度初の「里山ガーデナー」の活動日。
いや、「野の花守り隊!」でしたね(;^_^A
しかし、寒かった~~~。
この4月に凍えるとは思いもよりませんでした。
つい3日ほど前は汗ばむほどの陽気だったのに。。。

写真は「野の花小径」で咲いていたセリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)キンポウゲ科 デルフィニウム属 です。
薄紫の可憐な花ですが、残念ながら外来種とのこと。
小径からは退散いただき、一部を民家の庭へ移すことに。

あ、そうそう。外来種といっても、都市部など人が管理できる場所では、いきなり全てを根絶やしにはしないほうがいい場合もあるそうです。
在来種が衰退している場所では、それに代わって外来種で命を繋いでいる生き物がいるので、いきなり全部引っこ抜いては、その子たちも巻き添えをくらってしまうのです。
様子を見ながら、徐々にその土地の在来種にシフトしていきましょう。


d0162276_23532374.jpg

こちらは民家の庭。
お正月にはキャベツのような姿で知られるハボタン。
正月が終わるとさっさと片付けてしまう所が多いのですが、こうして放っておくと花がつきます。
ブロッコリーのようでもあるのは同じアブラナ科だからでしょうか。
奧のチューリップも可愛らしく花をつけていますね。

今日知ったところによると、この花壇は昭和30年代の民家の花壇をイメージして作っているのだそうです。なるほど。
でもって、生き物にも優しくということで、虫さんにたくさん来ていただける内容になっています。うふふ。
[PR]
by garden-cat | 2011-04-20 00:13

星とタンポポ

d0162276_14512214.jpg

星がたくさん咲いたよ。


d0162276_1452040.jpg

タンポポも咲いています。

先日、ムックの血液検査をしたところ、猫エイズで陽性反応が。。。
これからは、なるべくストレスをかけないように過ごすのだ。
腎機能は正常値だったが、最近やたらと水を飲むので療法食に切り替え。
でも、他の子のごはんを食べちゃうんだよねぇ。。。

それにしても、血液検査だけで10,500円て。ちと、びっくり。


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2011-04-17 15:03 |

桜、そして檜。

d0162276_23155238.jpg

帰ってみると、東京はいろんな花が咲いている。
庭のハナニラも咲いていたよ。
モクレンは見ないうちに散ってしまった様子。アンズも。


d0162276_23162312.jpg

季節は着実にすすんでいて、日本が四季のある国でよかった。
この子は家の北側の日当たりの良くないところにいた。
スミレ?


d0162276_23182188.jpg

桜、桜、やっぱり桜だよね。ってわけで、近場の都立公園へ。


d0162276_231914100.jpg

ユキヤナギも綺麗に咲いていたよ。
家のちっちゃい雪柳も綺麗に咲いてたけど、なかなかいい感じに陽がささないので、写真はまだ。


d0162276_23222270.jpg

桜を見に来たはずなのに、なぜかヒノキの森へ。
「ひのき広場」って書いてある。
テーブルと椅子が3組あって、誰もいない。
奥は行き止まりなので、用がなければ来ないのだろう。
ここは好きな場所だ。とても落ち着く。
静かで、鳥の声が響いている。
ヒノキと私は相性がいいのかも知れない。
今度は本を持ってまた来よう。


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2011-04-11 23:37 |

in aomori 3

d0162276_15562396.jpg

さて、週末帰ることにしたので、ちょっと観光してみることにした。

青函連絡船の八甲田丸。
今は連絡線の歴史なんかが展示されている。


d0162276_160052.jpg

写真など。


d0162276_161655.jpg

歴史とか。
(読んでません。。。)


d0162276_1621231.jpg

操舵室。


d0162276_16133680.jpg

青森といえば、必ずといっていいほど映されるあの三角形の建物は観光物産館。あまり好きではない。
昔は古い倉庫が立ち並び、趣がある場所だった。
使われていない古い線路沿いを自転車で走るのが好きだった。


d0162276_16846.jpg

お天気が良かったので、遠くに下北半島が見えた。


d0162276_169612.jpg

こんなのも展示されていた。
手前の二つは「はえ捕器」と書かれている。
昔のハエ捕り器らしい。
おしゃれだね。
[PR]
by garden-cat | 2011-04-07 16:17 |

in aomori 2

d0162276_1561622.jpg

弟の子は同い年。
仲良く一緒にお勉強?


d0162276_1501555.jpg

やっとまともに撮れる場所を発見。
八甲田山&雲谷(もや)スキー場。

今週末、東京へ戻ります。
[PR]
by garden-cat | 2011-04-05 15:16 |

in aomori

d0162276_148184.jpg

海は近いが、子供の目線では見ることができない。
市内は意外に緑が少なかった。
季節のせいなのか、開発によるものか。
春まだ遅い、北の地にて。


d0162276_1412421.jpg

雪はそこここに溶け残り、黒ずんでいる。
南には八甲田の山々が見えるが、景観を崩す建造物が立ち並んでいたので、写真を撮るのをやめた。
西に延びる川を見つけたので、夕日の方向に一枚写してみる。
両脇は護岸されているようだ。
市内はそれほど自然豊かな場所ではないのだ。
かといって、都会でもない。
なんとなく、中途半端な感じ。

東京の放射線濃度は下がってきているようす。
このまま、終息してくれればいいが。。。
[PR]
by garden-cat | 2011-04-01 14:25 |