足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

銀杏ノ涙

d0162276_14134572.jpg

銀杏ノ涙。

あはは、ちょっと無理があるかな(;^_^A


関係ないけど、ちょっとこちらをリンク↓

いながのNOWBOY(青森の農BOY)のブログ

『青森止まんねぇば、活動する意味ねぇすけ。皆の力で止めれるはずだ。』


青森県民よ、立ち上がれ。


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2011-05-28 14:32 |

もう梅雨入りよ~

d0162276_22571846.jpg

なんだか、もう梅雨入りしたそうで。。。

台風も来てるし。

・・・5月だよね?

季節がもの凄い勢いで通り過ぎてゆく。

この子たちは、少し早い雨期の訪れを喜んでいるのかな?


d0162276_238580.jpg




d0162276_2385066.jpg

^^


d0162276_2392637.jpg

・・・。


d0162276_2395413.jpg

(;^_^A
[PR]
by garden-cat | 2011-05-27 23:15 |

クスノキの花が咲いたら

d0162276_984526.jpg

年に何度か訪れる場所がある。


d0162276_994015.jpg

慈恵院。
またの名を多摩犬猫霊園。


d0162276_9103250.jpg

都内でも数少ない、動物の火葬場を兼ね備えている霊園だ。


d0162276_9121349.jpg

今回は、シロちゃんという猫のお参りに。
クスノキの花が咲いたら思い出すことにしている。

この場所にくるといつも不思議な暖かい空気に包まれる。

今まで撮影したことはなかったが、ようやくカメラを向ける気になった。
しかし、さすがに合同慰霊碑は写せない。。。


d0162276_9161210.jpg



d0162276_9165395.jpg

震災の供養塔が建っていた。


d0162276_918195.jpg

動物達の分も。


d0162276_9183559.jpg

歴代の墓守猫たち。
ミッキーも、サテツくんも、知っている。
とても穏やかな子達だった。
見ると泣いてしまうので、この冊子は開けないようにしている。


d0162276_9204419.jpg

今は休憩室で訪れる人を見守っている。


d0162276_9234355.jpg

笑っているような。

また、来るね。


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2011-05-24 09:27 |
d0162276_14212361.jpg

アゲハの赤ちゃんが誕生しました♪
この子は実生で出てきたミカン科の小さな木にいました。
庭にあるミカン科の木は、ミカン、ユズ、ナツミカン、キンカン、スダチです。
そのうちのどれかだとは思うのですが・・・(;^_^A

もういっちょ。


d0162276_14252514.jpg

先日、ナミアゲハとクロアゲハが同じ木に卵を産んでいたのですが、この子はどっちだろう?
無事に大きくなるのか、楽しみです♪


d0162276_14273683.jpg

ミカンの花も咲きました。甘い、いい香りが辺りに漂っています。

それなのに。。。

台湾の拡散図 5/23~5/27位まで風が内陸に向かって吹き、日本全土を覆います。

そして、こちらを掲載します。
「みえないばくだん」

~全文引用~

『みえないばくだん』
 
さく おおしばよしこ
こうせい じょうたろう



むかし、せんそうがありました。
そらにひこうきがたくさんとんできて
ばくだんをおとしたり おとされたりしました。

とかいにすんでいた こどもたちは
がっこうのおともだちと しゅうだんそかいをしました。
おとなが こどもだけでも まもらなくてはいけないとおもったからです

こどもはいなかのあんぜんなところににげました

それから なんじゅうねんかたって

えらいひとたちがべんりになるものをつくりました。
とかいにばしょがないから いなかのとちがあるところにつくりました
とかいのひとは
「たくさんでんきがつかえてべんりだな」とよろこびました
いなかのひとたちは
「しごともふえて、おかねももらえてくらしもらくになるな」とおもいました
えらいひとたちは
「みんなもよろこんでいる。もっとつくったほうがいいだろう。」といって
たくさんたくさんべんりになるものをつくりました

あるひとがいいました。
「たしかにべんりになるけれど、これは『ばくだんになるもの』じゃないの?」

えらいひとはいいました。
「ふつうにつかっていれば ばくだんにならないよ。
とかいのひともいなかのひともみんなよろこんでいるよ。」

「そんなことをいうきみだってべんりになることをよろこんでいるじゃないか」

『ばくだんになるもの』はべんりです

いなかのひとは しごともふえて せいかつもよくなりました
とかいのひとは いなかにばくだんになるものがつくられて
とかいがべんりになっていることすらしらないひとがたくさんいました

だけど… 
『ばくだんになるもの』は ほんとうにばくだんになってきてしまいました


あるひとはいいました。『ばくだんになるもの』はあぶないよ
えらいひとはいいました

「ふつうにつかっていれば ばくだんにならないよ
とかいのひともいなかのひともみんなよろこんでいるよ 」


そのはなしをききませんでした
にほんにすんでいるたくさんのひとたちも
くにのえらいひとたちのことをしんじていました

だけどほんとうは くにのえらいひとたちは
じぶんのことばかりかんがえているひとたちばかりでした
『ばくだんになるもの』がばくだんになってしまって
だれかがこまってもしらんぷりです


『ばくだんになるもの』を 
「だいじょうぶですよ。」
といわれて まもってきたいなかのひとはずっとだまされてきたのに
きがつきませんでした

にほんのたくさんのおとなもきがつきませんでした。

あるとき おおきなじしんと、おおきなつなみがきました。
それは 『ばくだんになるもの』を ばくだんにするスイッチでした

くにのえらいひとは
 「とうとうスイッチがおされてしまった。」 と
こまりました。
いままで みんなをだましていたのが ばれてしまうからです

ばれてしまうとたいへんなので だいじょうぶなことにしました
いままでもずっと だましてきたからへいきなのです

だけど
 「やっぱりおかしいねっ」て
いうひとが たくさんでてきました

ばくだんのあるいなかにすんでいるひとも ちかくのひとは
あぶないのでおうちにかえれなくなってしまいました

だまされていっしょうけんめいにはたらいていたひとも
にほんのみんなのために ばくだんをとめようとしました

だけどそのばくだんは
ばくはつしてからがたいへんだったのです
そのばくだんは
そらからふってきてもみえません
においもしないし いろもありません
だれもきがつきませんでした

そしてそのばくだんは
10ねんも20ねんもかけてみんなをくるしめる
ばくだんだったのです

みえないからひとびとはこまりました

むかしみたいに そらからばくだんがふってきたら
そかいしなくてはとおもったかもしれませんが
くにのえらいひとたちは みんなをだましているのを
かくしとおさなくてはいけなかったので ずっと 
「だいじょうぶ」
 といいつづけたからです

くにのえらいひとをしんじるひとと
しんじられなくなったひとと
つかれてしまったひとと
りょうほうのいけんにはさまれてこまっているひと
かぞくでいけんがわれてしまったひと

いろいろなおもいのひとがでてきてしまいました

だけど くにのえらいひとが 
「だいじょうぶ」
というので  
にげたくてもうごけないひともたくさんいました
しゅうだんそかいもさせてはくれませんでした


みえないばくだんは
いなかのほうから
とかいやもっとはなれたところにも
かぜやくもにのってしらないうちにやってきました

みえないから わからないのです


にんげんはみえないものをどうやってしんじるかで
いけんがわかれてしまうときがあります
かみさまをしんじるかしんじないか
どのかみさまがいちばんえらいか
みえないからこたえがわからなくて
せんそうになってしまうくにも たくさんあります




そして このばくだんがばくはつしおわるのは
10ねんいじょうかかります。
ばくはつしおわったときに
はじめてみんなきがつくのです

それは びょうきになったりするひとやこどもが
でてきたりしたとき

だから
じしんとつなみのスイッチで
『ばくだんになるもの』が ばくだんになっておちてくるのは
みえないばくだんが
10ねんかかってゆっくり ゆっくりおちてくるのとおなじでした

10ねんごにどかーんとおちるのとおなじなのです


だけど くにのえらいひとは いいました
「だいじょうぶ」


そしてこのみえないばくだんは
なんじゅうねん、なんびゃくねんもそのとちに
すめなくなってしまう どくでした



くにのえらいひとは10ねんごにはもう としをとって
しんでしまいました
じぶんがいきているあいだだけ しあわせだったらよかったのです

こどもたちは おとなになってびょうきになるこがたくさんいました


『ばくだんになるもの』がばくだんになったとき
こどもだったひとが 20ねんごにこどもをうみました
ちょっとだけ おててのかたちがかわっているあかちゃんでした

だけどほかにびょうきはなかったので
よかったね。とおもいました。
そのころには もっとたいへんなびょうきのあかちゃんが
たくさんうまれていました

そのこのおうちのおにわには
ながさが2メートルもあるたんぽぽや
みぎはんぶんとひだりはんぶんで いろのちがう
かわったおはながたくさんさいていました


そのあかちゃんが しょうがくせいになったときに
おじいちゃんとおばあちゃんにいいました


「どうしてわたしは みんなとおててのかたちがちがうの? 」
「どうしてわたしはにほんじんでにほんにすんでいるのに
みえないばくだんをにほんがまいたから
って がいこくじんのおともだちにいわれなくちゃいけないの?」


おじいちゃんとおばあちゃんは

いま
このおはなしをよんでいる
あなたかもしれません


******************************************************
[PR]
by garden-cat | 2011-05-23 14:44 |

アゲハの卵とアリ

d0162276_16184280.jpg

ユズの葉にアゲハの卵がありました。
小さな小さな直径1mmほどの卵です。
そこへ、これまた小さな小さな体長3mmほどのアリがやってきました。
なにやら卵を抱えようとしています。
剥がして持っていくつもりでしょうか?
しばらく卵をどうにかしようと頑張っている様子でしたが、どうしても卵は剥がれません。
とうとう、アリは諦めて行ってしまいました。

アゲハの卵。
見た感じはポロッとすぐに取れてしまいそうですが、案外しっかりと葉に固定されているのですね。


d0162276_16201043.jpg

d0162276_1620481.jpg

別の場所に実生で生えてきたミカン科のまだ小さな木があるのですが、見ているとなぜかその木ばかりにナミアゲハとクロアゲハが盛んに卵を産んでいきました。

もっと大きな木が他にあるのになぁ。
葉っぱ、足りなくなるかも。。。(;^_^A
[PR]
by garden-cat | 2011-05-20 16:29 |

蓑虫大量発生!

d0162276_121261.jpg

タイムの花も終わり、茎が延びてきたので、そろそろ切り戻そうかなとハサミを入れようとしたら・・・。

あら、みのむしくんが。。。


d0162276_1224695.jpg

こんなところにいたのね~。
などと思いながら、さらにチェックしたところ・・・。

!!

・・・。なんか、いっぱいいる(;^_^A


d0162276_1233275.jpg


d0162276_1234546.jpg

d0162276_1241866.jpg

d0162276_1243693.jpg

こちらの子たちはブルーベーリーの枯葉を纏っているようだ。


d0162276_12672.jpg

d0162276_1262774.jpg

d0162276_1272613.jpg

数えようと思ったが、ふと見ると中のほうにもたくさんいたので諦めた。
少し処分したほうが良いのだろうか。。。と、思ったが、とりえあず残してみよう。
蓑虫がついていない茎を慎重に切り戻した。


d0162276_1281690.jpg


d0162276_1284985.jpg

このように、少し目立たせてみる。
何かの実のようで可愛い。

また、鳥などが食べてくれるといいのだが。
鳥は食べるのかな?蓑虫。


d0162276_129618.jpg

こんなところを彷徨っている子も。

あ、そうそう、タイム。満開の時の写真まだ載せてなかったっけ。


d0162276_1294179.jpg



d0162276_12101467.jpg

切った葉っぱは、とってもいい香り。
お風呂にいれよっと♪
[PR]
by garden-cat | 2011-05-18 12:16 |

蓑虫

d0162276_1342956.jpg

蓑虫がいました。
蓑虫というのはミノガ科の蛾の幼虫のこと。
あまり動かないイメージがあったのですが、この子はこの後、糸をたぐりよせ、するすると上に登っていきました。

着いた先はサンショウの木。
葉っぱを一口齧ってはみるものの、何か落ち着かない様子で、あちこち移動し、ツバキの葉っぱで動かなくなりました。

カメラの電池切れで、最期まで撮れなかったよ~(><) 残念。



[PR]
by garden-cat | 2011-05-14 13:19 |

一周年

d0162276_1435513.jpg

写真は近所で咲いていたナニワイバラ。

このブログをはじめて一年経った。
ブログをはじめて分かったこと。
なにかを発信するっておもしろい。
いろんなところから、様々な反応がある。

ツイッターもしかり。

誰かの発言を見るのも楽しい。
みんないろんなことを感じ、考えているのだ。
それは、私にある種の安らぎをもたらす。

自己の再確認と、世界への拡がり。

ある感覚を発見した時の嬉しさ。

もう少し続けてみよう。

自分の目指す正しい方向へ、歩いていけそうな気がする。
[PR]
by garden-cat | 2011-05-13 14:37

擬態

d0162276_11185025.jpg

何かの幼虫。
いろいろ調べてみたが不明。


d0162276_11191554.jpg

同じ植物に付いていた花がら。
ははん、さては。

も一回見てみましょう。


d0162276_11194363.jpg

そっくりだね^^

そしてまた別の日、別の葉っぱに・・・


d0162276_11201069.jpg

「枯れた葉っぱか花がらじゃない?」と他のメンバーに言われたが。。。


d0162276_11203846.jpg

ほらっ!見て。
横から見ると、脚があるよ♪
[PR]
by garden-cat | 2011-05-11 11:23 |

牡丹

d0162276_11472191.jpg

ボタンの花が咲きました^^
小さな虻が全身を花粉だらけにして潜っていました。


d0162276_1149089.jpg

これ一輪だけですが、毎年咲いてくれます。
[PR]
by garden-cat | 2011-05-09 11:52 |