足元の雑草から生きとし生けるすべてのものへ想いを馳せて


by garden-cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

並べる

d0162276_22493389.jpg

 歩く道々、松ぽっくりが落ちていたら遊んでみたくなる。

d0162276_225286.jpg

 光の当たっている場所に並べてみたり。


******************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-29 22:58

美しい光

d0162276_2141242.jpg

 梅の蕾はふっくらとしてきましたね。
d0162276_21431376.jpg

 日に日に明るさを増す太陽の光が、植物たちを美しく照らしていました。


*******************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-27 21:47 |

氷の視線

d0162276_21352958.jpg

井戸の水受けのタライに張った氷。

寒い日が続いていますね。



******************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-27 21:39 |

心地よい場所

d0162276_026576.jpg

 クスノキの下は気持ちがいい。
 
 そよそよとした葉っぱや、複雑にうねる枝。

 隙間から控えめにのぞく青空。

 五月に咲かせる小さな小さな白い花は、よく見ないと気づかないほどだけれど。

 それはとっても素敵な香りがするんだよ。

 クスノキの下から空を見上げてごらん。

 優しい風がきっとあなたを包むでしょう。



*****************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-27 00:34 |

雪の上にお供え?

d0162276_1652298.jpg

 落ちていた枝や葉、木の実などを雪の上に飾ってみました。

 枝
 ホオノキの葉
 クヌギの葉
 カキドオシの葉
 キンエノコロの穂
 オオバコの実
 クリのイガ
 ホオノキの実

 しかし、なんかどうしてもお供えみたいになってしまう。。。(^^;)
d0162276_16551341.jpg

 気をとりなおして、キンエノコロをただ単に雪に挿してみました。

 穂が光って綺麗だけれど、もうひと工夫ほしいところ。
 しかし、それが何かは分からない。
d0162276_165814.jpg

 こんなふうに、何気に雪の上に落ちている葉っぱのほうが心を惹きつけるものがあり、自然にはかなわないなぁと思うのです。
d0162276_1701456.jpg

 こういうのもいいなぁ。
d0162276_1711019.jpg

 雪の溶けのこった感じとか。
d0162276_172646.jpg

 柵の影なんかも面白いですね。
d0162276_1724776.jpg

 誰かが作った雪だるまとか。
d0162276_1733678.jpg

 雪でハートを作ろうと試みましたが、なかなか難しかったり。
d0162276_1743198.jpg

 ふと、見上げた空には木々の間から白い半月が。

 やっぱり、自然にはかなわないなぁと思うのでした。
[PR]
by garden-cat | 2013-01-20 17:14

青い光に包まれて

d0162276_16381741.jpg

 いつもの丘陵には先日降った雪がまだたくさん残っていました。
 この日は、空もよく晴れていて光が降り注ぎ、雪に青く反射してとても綺麗でした。
d0162276_16394822.jpg

d0162276_1640815.jpg

 木々の冬芽は光に向かって手を伸ばしているように見えました。
 何もないように見えていても、少しずつ少しずつ動いているんですね。
 そんな生命の気配を感じた冬晴れの里山でした。
d0162276_1641223.jpg

 樹の幹には、小さな小さな虫がいましたよ。
 フユシャクの雌です。
 雌は翅が退化していて、飛ぶことができません。
 こうして自分の姿が目立たない樹の幹などでフェロモンを出し、雄のフユシャクが来るのを待っています。

 フユシャクにもいろいろな種類がいて、冬のはじまりの昼間、まるで枯れた木の葉がチラチラ舞っているかのようなベージュ色のクロスジフユエダシャクを皮切りに、夜行性のクロオビフユナミシャクや、雌の姿が鳥のフンのように黒い斑模様になっているチャバネフユエダシャクなど、冬の間に微妙に時期をずらしながら、それぞれのお相手を探しているようです。

 さて、写真の子は何フユシャクなのかなぁ?
[PR]
by garden-cat | 2013-01-20 16:50 |

花ではないけれど・・・

d0162276_1511583.jpg

 ハボタン アブラナ科ブラシカ属 Brassica oleracea

 ハボタンて以前はキャベツみたいでなんだかなぁと、思っていたのですが、最近ではいろいろな品種ができて、こんな感じの小さいのは薔薇の花のようで可愛いですね。

 寒さにも強いので、花の少ないこの季節は目を楽しませてくれますね。


******************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-14 15:26 |
d0162276_2175673.jpg

 元旦の初詣のあとで、久しぶりに以前住んでいた街の多摩川河川敷へ行きました。

 繁茂するコセンダンの実をかき分けながら、水辺まで近づくと、地面と水際の境界あたりに小さな薄紫色の花が咲いているのに気がつきました。花の形はオオイヌノフグリに似ていますが、花の付きかたが違っています。

 家に帰ってから調べてみると、これはオオカワヂシャというヨーロッパから北アジアにかけて分布する帰化植物でした。多年草で草丈は1mほどにもなるみたいです。

d0162276_2115451.jpg

 オオカワヂシャ ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 Veronica anagallis-aquatica L.


 この場所は一面がオオカワヂシャでした。

 繁殖力が強く在来の野草を駆逐するおそれがあるので、特定外来生物に指定されています。

 服にたくさん着いたひっつき虫のコセンダンの実もすごかったし、河川敷は外来種がやはり目立っていました。


**********************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-06 21:46 |

さっそくですが

d0162276_20505733.jpg


昨年暮れに近くの河川敷で見つけたハート型の石。

ハート型の石は落ちていないかな~なんて下を見ながら歩いていたら

なんと、こんなにしっかりとハート型になっている石を発見!

むふふ、今年は良いことがありそう!?(^^)


********************************
[PR]
by garden-cat | 2013-01-06 21:04
d0162276_2020291.jpg

新年あけましておめでとうございます♪

なかなか、更新ができていませんが、細々と続けていきますね~。

今年も小さな生き物たちの様子を観察しつつ、私の表現方法を見つけていきたいと思っています。

2013年が、皆さまにとっても実り多き一年になりますように、願いを込めて。

2013.1.6 庭猫より
[PR]
by garden-cat | 2013-01-06 20:29